ステキなママのための戦略集

妊娠線予防クリーム15

ストレッチマークを防止方法はどれぐらいの頃から始めるのが望ましいのでしょうか。
腹部がまだ小さいうちは特に乾燥もないので「まだ大丈夫」と思っているのではないでしょうか。が!本当にストレッチマークを予防したいならできるだけ早い時期から保湿することを推奨します。妊娠時の肉割れはできやすい人とできにくい人がおります。
妊娠した時の線が作られやすい人とは「カサカサ肌の人」「高齢での出産に臨む人」「小柄でスリムな人」「太目の人」「双子、三つ子を妊娠している人」「一度妊娠、出産を終えた人」「母親のお腹に妊娠線がある人」という項目がよくあります。

 

 

といっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも心配しすぎないようにしてください。きちんと妊娠線予防のケアと体重チェックで「妊娠線が作られなかった」という人もおられます。

 

 

妊娠時の断裂線を防ぎたい人は可能な限り早めに保湿をスタートさせて、体重も増やさないように意識しておきましょう。

 

 

 

妊娠線ができやすい場所とは腹部以外にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。

 

つまり、お肉がたっぷりある部分ができやすいということです。太ももやお尻など背面は特に見ることが難しいので意識して保湿ケアをしましょう。そして、腹部が大きくなり始めると下の方がチェックしにくくなるので特に丁寧に保湿することが必要です。よくお店で見かける体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠時に使う保湿ケアグッズはどのような差があるのでしょうか?大きく分けて、違うところは4つです。「入っているものは何か」「香り」「金額」「どこまで潤してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。

 

念頭に置くべきなのは、「妊娠している」ということ。

 

 

お腹に赤ちゃんがいる時は、ホルモンが妊娠していない時よりも大きく変わりやすいので、現在まで使えていた保湿ケアグッズも荒れてしまったりかゆくなったりすることが考えられます。ですが、専用のクリームやオイルは、敏感肌の時期でも大丈夫なように刺激が少ない成分でできているんです。

 

 

香りも違います。

 

一般に売られているボディケア用品は香料が使われているものがあったり、ホルモンの分泌を促すアロマ入りだったりします。

 

 

 

つわりの期間は特に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠中禁忌のアロマが用いられていることもあるので、気を付けるべきです。

 

価格に関しても一般的に売られているものは安価で買えるものが多数ですが、妊娠時に使うものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多い傾向にあります。

 

 

また、保湿力に関しても違います。
妊娠時にできる肉割れは真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があるのです。ですので、保湿力が高く、できるだけ表皮ではなく、真皮まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心できるということです。妊娠時にできる断裂線を食い止めたいのであれば、もし妊娠線が体にできてしまっても「これでできてしまったなら仕方ない」と思えるようなものを購入するようにしてくださいね。ストレッチマークのケアは入浴後に行うのがポイントです。

 

全身が温まり血行が高まり、潤っているからです。

 

 

妊娠時に使うオイルとマタニティクリームが異なっている点は油分、水分がどれぐらい入っているかです。マタニティオイルは妊娠線クリームよりも多くの油分が配合されているので、保湿パワーは相対的に高いものと想定されています。
しかし、マタニティオイルは方向や使用感がクリームのそれとはまったく違うので好きではない人もいます。
ストレッチマーククリームの塗り残しがないように、お腹の下の部分やお尻、背中など、塗ることが難しい場所は、あなたのご主人さまにも協力をお願いしながらケアすると、ケアできない状態を防ぐことができます。

 

妊娠線とは急激に大きくなっていくお腹のついていくことができず、真皮が裂けて作られる傷跡のこと。
妊娠中期お腹周りが大きくなったころから作られやすくなります。妊娠線は表皮の奥の真皮細胞などに発生するので、一旦できてしまうとない状態まで戻すのは難しいと考えるのが普通です。

 

 

>>妊娠線を消すクリームが知りたいあなたはこちらへどうぞ!