妊娠線予防について

妊娠線予防について

妊娠線を防ぐ方法はいつからスタートするのが良いのでしょうか。

 

腹部が目立たないうちは乾燥も感じないので「まだ大丈夫」と思っているのではないでしょうか。
が!本当にストレッチマークを予防したいならできるだけ早い時期から肌を潤すことをおすすめします。
妊娠時の断裂線は現れやすい人とそうでない人がおります。妊娠時の肉割れができてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「35歳以上」「小さくて痩せている人」「太目の人」「多胎妊娠」「二人目以降のお母さん」「母親が妊娠線持ち」という項目がみられます。

 

ただ、もしあなたが「妊娠線ができやすい人」でも問題として考えすぎないように。毎朝、毎晩の保湿ケアと体重管理で「ストレッチマークが防げた」という人も存在します。

 

ストレッチマークを防ぎたい人は知った今から保湿をスタートさせて、体重が急に増えないように意識しておきましょう。

 

妊娠線とは急に大きくなっていくお腹の皮膚が変化に耐えることができず、皮膚の下にある真皮が裂け、作られる傷跡のこと。妊娠5〜7か月でお腹のふくらみが目立つようになるなったころからできやすくなります。妊娠時にできる線は表皮の奥の真皮に作られてしまうので、断裂線が一度できるとない状態まで戻すのは難しいと考えるのが普通です。

 

妊娠時の肉割れが作られやすいところはお腹周りの他にも胸やお尻、太ももがあります。つまり、お肉がたっぷりある箇所ができてしまいやすいということです。ヒップ、そして太ももの後ろの部分はかなり見えにくいので忘れないように保湿ケアをしましょう。そして、腹部がスイカのように丸々してくると下の方が見えにくくなるので意識して保湿することが重要です。

 

一般に売られているボディクリームと妊娠線予防のための保湿アイテムは違うところはあるのでしょうか?
大まかに分けると、ポイントは4か所です。「何が入っているのか」「かおり」「安さ」「どこまで保湿してくれるのか」

 

まず、入っているものは何かということです。
注意するべきは、「マタニティ期だ」ということ。妊娠中はホルモンの上がり下がりが通常より大きく変わりやすいので、現在まで問題が見られなかった保湿するためのものも肌荒れを起こしたり、何か違和感があったりすることが考えられます。ですが、専用のクリームやオイルは、妊娠中でも使っても大丈夫なように低刺激な成分で製造されています。

 

においについても違いがあります。
よくお店で見るような体用の保湿グッズは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響を及ぼすエッセンシャルオイルが使用されていたりします。つわりの間はいつも以上に香りで吐き気を催すこともありますし、妊娠時は不適切なエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、気を付けるべきです。

 

商品の代金についてもお店で売られているものは安価であることが多く見受けられますが、妊娠時に使うものは高価なことが多い傾向にあります。

 

また、保湿による効果に関しても異なっています。
ストレッチマークは真皮がひび割れてしまう状態なので、内側を保湿する必要があるんです。ですので、保湿力が高く、真皮まで潤してくれるものの方が安心でしょう。妊娠時にできる断裂線を防止するためには、万一お腹や胸、太ももに肉割れができても後悔しないものを選ぶようにしてくださいね。

 

⇒妊娠線を予防するためのオススメクリームはmiteteマタニティクリーム!