妊娠線予防についてA

妊娠線予防についてA

一般的な体用のクリームやオイルなどの保湿ケアグッズと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルはどのような差があるのでしょうか?ざっくり言うと、4つ、違うところがあります。「入っているものは何か」「におい」「価格」「どこまで保湿してくれるのか」まず、何が入っているのかについてです。注意するべきは、「お腹に子どもがいる」ということ。マタニティ期はホルモンがお腹に赤ちゃんを宿す前より崩れやすいので、現在まで問題がなかった保湿アイテムも肌荒れを起こしたり、ヒリヒリ感があったりすることも。ですが、妊娠時用として売られているものは妊娠していても使えるように刺激が少ない成分で作られています。香りについても異なっています。一般に売られているボディケア用品は香料が使われているものがあったり、ホルモンに影響を及ぼす精油が入っていたりします。つわり中は特に香りによって気分が悪くなることもありますし、妊娠中禁忌のエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、注意を払いましょう。金額の点でもよく目にするものは安く手に入ることが多く見受けられますが、妊娠中に使うものは高価なことが多いでしょう。また、お肌を潤す力についても違いがあります。妊娠時にできる線は真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、内側を保湿する必要があります。なので、保湿力が高くできるだけ表皮ではなく、真皮まで保湿してくれるものの方が安心です。ストレッチマークを作りたくないのであれば、万一妊娠線ができてしまっても仕方がないと思えるものを購入することをおすすめします。妊娠時の断裂線は作られやすい人、作られにくい人が存在します。妊娠時の肉割れが作られてしまいやすい人とは「カサカサ肌の人」「高齢出産の人」「もともと細身の人」「皮下脂肪が多い人」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「二人目以降のお母さん」「母親が妊娠線持ち」といったケースがあります。そうはいっても、もし、「私、妊娠線できやすいタイプかも」と思っても大丈夫です。日々の保湿対策と体重管理で「妊娠線が表出しなかった」という先輩ママさんももちろんいます。妊娠時の肉割れを防ぎたい人はできるだけ早いうちから保湿ケアをスタートさせて、体重も増やさないように注意しましょう。妊娠時の線が表れやすい箇所はお腹の他にも胸、お尻、太ももといった場所が危険です。つまり、脂肪が多い部分に出現するということなんです。太ももやお尻など後ろ側は特にチェックを忘れがちなので気を付けて肌に潤いを与えてあげましょう。また、お腹が前に張り出すようになってくると下っ腹がわかりにくくなるので気を付けてケアすることがポイントです。妊娠線を防ぐ方法はどれぐらいの頃からスタートするのが良いのでしょうか。お腹が目立たないぐらい小さい頃はピリピリ感も気になったりしないので「まだ大丈夫」と思われるかもしれません。しかし、本気で妊娠線を防ぎたいなら今すぐにクリームやオイルを塗ることをご提案します。妊娠線とは短期間で大きくなっていくお腹周りの変化に耐えられず、真皮が裂けてしまってできてしまう傷跡のこと。妊娠してお腹が大きくなり始めたころから表れやすくなります。妊娠時のお腹の肉割れは皮膚の奥の方の真皮という組織細胞に作られてしまうので、断裂線が一度できると治すのは不可能と考えられています。

 

→妊娠線予防なら?人気商品ランキングはこちらから!