ステキなママのための戦略集

妊娠線予防クリーム9

妊娠時の肉割れが作られやすいところはお腹の他にも太もも、お尻、胸などもできやすいです。つまり、お肉がたっぷりある箇所ができてしまいやすいということです。お尻や太ももの部分など後ろの部分はかなり見えにくいので忘れないように保湿クリームやオイルを塗りましょう。そして、腹部がスイカのように丸々してくると下の方がチェックしにくくなるので意識してケアすることがポイントです。妊娠時にできる線は急激に大きくなるお腹周りの変化に耐えることができず、皮膚の下にある真皮が裂け、できる断裂した傷跡のこと。妊娠5〜7か月でお腹周りが大きくなったころから表れやすくなります。ストレッチマークは皮膚の深部にある真皮にできてしまうので、一度できてしまった妊娠線はない状態まで戻すのは難しいと考えられています。

 

 

 

妊娠線はできやすい人とできにくい人がいたりします。ストレッチマークができやすい人とは、「乾燥肌が気になる人」「高齢での出産に臨む人」「小柄でスリムな人」「ぽっちゃりさん」「双胎(二人)、品胎(三人)以上お腹にいる人」「二人目以降のお母さん」「遺伝的傾向」といったことがよくあります。といっても、もし妊娠線ができやすそうなタイプの人でも気に病まないでください。
きちんと潤いを補給することと体重をに気を付けることで「妊娠の時の断裂線が表出しなかった」という先輩ママさんももちろんいます。ストレッチマークを作りたくない人はできるだけ早いうちからケアを始めて、体重についても気を付けましょう。一般に売られているボディ専用のクリームと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルはどのような差があるのでしょうか?大体、ポイントは4か所です。

 

「何が入っているのか」「匂い」「価格」「保湿力」まずは、成分です。

 

念頭に置くべきなのは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。お腹に子どもがいる時は、ホルモンがお腹に赤ちゃんを宿す前より大きく崩れやすいので、現在まで大丈夫だった保湿するためのものもニキビができたり、「かゆい!」と感じたりすることがあります。

 

その点、妊娠しているとき用に作られているものは、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも使っても大丈夫なようにお肌に優しい成分でできているんです。

 

 

 

においも違いがみられます。

 

市販のボディクリームは香料という余分なものが入っていたり、ホルモンに影響を及ぼすアロマ入りだったりします。

 

つわりの間はいつも以上に香りに敏感になりますし、妊娠中に使ってはいけないエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、気を付けましょう。金額の点でもよく目にするものは安価であることが多数ですが、妊娠時に使うものはやや高価な場合が多い傾向にあります。また、保湿ケアの力に関しても差異があります。

 

 

 

妊娠時にできる肉割れは真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、保湿r成分が肌の奥まで浸透する必要があるというのはお分かりいただけることと思います。ですので、保湿力が高く、できるだけ表皮ではなく、真皮まで潤してくれるものの方が効果が期待できます。

 

 

ストレッチマークを食い止めたいのであれば、万一妊娠線ができてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを選ぶようにしてくださいね。妊娠線をできないようにするためにはどの時期から始めるといいのでしょうか。お腹がまだ目立たないうちはかゆみも気になったりしないので「まだ大丈夫」と思っているのではないでしょうか。ですが、もし本当にお腹の肉割れを予防したいなら可能な限り早く肌を潤すことを勧めます。

 

妊娠線 消える クリーム