ステキなママのための戦略集

妊娠線予防クリーム2

妊娠時にできる線はどんどん大きくなっていくお腹周りの変化に耐えられず、真皮という組織が裂けてできてしまう傷のこと。

 

 

妊娠してお腹周りが大きくなったころからできてしまいやすくなります。

 

 

ストレッチマークは皮膚の奥の方の真皮に発生するので、断裂線が一度できるとない状態まで戻すのは難しいと考えるのが普通です。

 

 

妊娠線を防ぐ方法はいつ頃からスタートするべきでしょうか。

 

お腹が目立たないぐらい小さい頃はかゆみも気にならないので「まだ大丈夫」と思われるかもしれません。が!本当にお腹の肉割れを防ぎたいならできるだけ早い時期から保湿することを勧めます。妊娠した時の線はできる人、できない人がおります。
妊娠時の断裂線が作られてしまいやすい人とは「ドライ肌の人」「35歳以上」「小さくて痩せている人」「太目の人」「双子、三つ子を妊娠している人」「二人目以降のお母さん」「母親が妊娠線持ち」といった特徴がみられます。
といっても、もし「妊娠線、できやすいタイプだ」と感じても気を楽にしてください。日々の保湿ケアと体重をに気を付けることで「マタニティマークが作られなかった」というお母さんももちろんいるんです。妊娠時の肉割れを作りたくない人は今すぐに保湿を始めて、体重が急に増えないように意識しておきましょう。
ドラッグストアなどに置いてあるボディケア用のアイテムと妊娠時に使う保湿アイテムはどう違いがあるのでしょうか?大きく分けて、4つ、違うところがあります。「入っているものは何か」「匂い」「値段の高さ」「保湿力の高さ」まずは、成分です。

 

気を付けるべきなのは、「妊娠している」ということ。妊娠中はホルモンのバランスが妊娠していない時よりも崩れやすいので、現在まで肌に合っていた肌ケアアイテムもぶつぶつになったり、「かゆい!」と感じたりすることも。

 

その点、専用のものは、妊娠していても使っても大丈夫なようにお肌に刺激の少ない処方で作っています。
香りも違います。

 

 

 

ふつうの母子用保湿クリームは香りづけの余計な成分が入っていたり、ホルモンに影響のあるアロマ入りだったりします。つわり中は特に香りに敏感になりますし、妊娠中に使ってはいけないエッセンシャルオイルが成分に含まれていることもあるので、注意する必要があります。
価格に関してもお店で販売されているものは安い場合が多いのですが、妊娠中に使うものはやや高価な場合が多いです。

 

また、保湿についても違うところがあります。

 

 

 

妊娠線は真皮が裂けてできる状態なので、肌の内側まで保湿成分を染み込ませる必要があります。なので、保湿力が高くできるだけ真皮の方まで保湿成分が行きわたるようなものの方が安心です。妊娠時の肉割れをできたくないのであれば、もし妊娠線ができても後悔しないものを選び、購入してください。妊娠線が作られやすいところはお腹以外でも太もも、お尻、胸などもできやすいです。つまり、脂肪が多い部分ができやすいということです。

 

太ももやお尻などふだん目に見えにくいところは特に確認しづらいので注意してクリームやオイルで潤しましょう。
それだけでなく、お腹周りが大きくなると下部が見えにくくなるので特に丁寧にクリームやオイルを塗ることがポイントです。

 

⇒妊娠線予防クリームってどんな効果があるの?人気商品と一緒に口コミランキングも見てみよう!