ステキなママのための戦略集

妊娠線予防クリーム12

妊娠した時の線はできる人、できない人が存在します。妊娠した時の線が作られてしまいやすい人とは「肌が乾燥している人」「高齢で赤ちゃんを産む人」「細い人」「皮下脂肪が多い人」「双子、三つ子を妊娠している人」「出産経験がある人」「自分のお母さんにマタニティマークがある人」という項目がよくあります。
といっても、もしあなたに当てはまる項目が多くても気を楽にしてください。毎日の潤いを補給することとゆっくり体重を増やすことで「マタニティマークが現れなかった」というお母さんもいます。妊娠線を防止したい人は今すぐに保湿ケアをスタートさせて、体重管理もチェックしましょう。

 

 

 

妊娠線とはどんどん大きくなるお腹周りの肌が変化に耐えることができず、真皮が裂けてしまって作られる傷跡のこと。

 

 

 

妊娠中期お腹周りが大きくなったころからできやすくなります。妊娠線は表皮の深部にある真皮細胞などに作られてしまうので、一度できてしまった妊娠線は元に戻せないと考えるのが普通です。

 

 

ストレッチマークが表れやすい箇所はお腹の他にも胸やお尻、太ももがあります。

 

つまり、お肉がたっぷりある箇所ができてしまいやすいということです。

 

 

 

太ももやお尻などふだん目に見えにくいところは特に見ることが難しいので意識して保湿クリームやオイルを塗りましょう。それだけでなく、お腹周りがスイカのように丸々してくると下腹部が見えにくくなるので意識してクリームやオイルを塗ることが大切です。

 

 

 

お腹の肉割れを防止方法はどの時期から始めるといいのでしょうか。腹部が小さいうちはかゆみもないので「問題ない」と考えておられるかもしれません。

 

 

 

でも、もし本気でストレッチマークを作りたくないならできるだけ早い時期から肌を潤すことを勧めます。市販されているボディクリームと妊娠線を予防するための保湿のためのクリーム、オイルはどう違いがあるのでしょうか?ざっくり言うと、ポイントは4か所です。

 

 

 

「原料」「匂い」「値段」「保湿力」まず、入っているものは何かということです。注意するべきは、「お腹に赤ちゃんがいる」ということ。

 

 

お腹に子どもがいる時は、女性ホルモンが妊娠前より崩れやすいので、ついこの間まで使えていた保湿アイテムも荒れてしまったり何か違和感があったりするんです。ですが、専用のクリームやオイルは、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも問題なく使えるようにお肌に優しい成分で製造されています。
においも違いがあります。

 

一般に売られているボディケア用品は香料といういい香りをさせるものが入っていたり、ホルモンに働きかけるアロマオイルが入っていたりします。つわりの間はいつも以上に香りに敏感になりますし、妊娠時は不適切な精油入りのこともあるので、気を付けましょう。

 

商品価格の点でもよく目にするものは安価で買えるものが多いのですが、妊娠しているとき専用のものは支払うお金がやや増えてしまう場合が多い傾向にあります。また、保湿力に関しても違います。

 

 

ストレッチマークは真皮が割れ、断裂してできてしまう状態なので、内側から潤す必要があるのです。ゆえに、保湿する力が高く、真皮まで保湿してくれるものの方が安心できるということです。

 

 

妊娠時の肉割れをできたくないのであれば、万一妊娠線ができてしまっても気持ちが切り替えられるようなものを購入するようにしてくださいね。

 

⇒妊娠線は予防できない!?いや、大丈夫です!この人気のアイテムを使ってみましょう!